上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひさびさに素敵な映画に出会いました。 主演はアダム・サンドラー。 アダム・サンドラーといえば、コメディアン出身の俳優で、主演映画も「ビッグ・ダディー」や「パンチドランク・ラブ」などコメディータッチの映画が多かったけど、今回観た映画では、心に深く傷を負った男の役を快演している。 助演のドン・チードルは、「ブギー・ナイツ」「オーシャンズ11」「トラフィック」など有名な映画ばかり出てて、幅広い演技をする俳優。今回も素晴らしい演技を魅せていた。 舞台はニューヨーク。 一見裕福で幸せな生活を送る歯科医師アラン(ドン・チードル)が、あ日大学時代のルームメイト、チャーリー(アダム・サンドラー)を街で見かける・・・。 9.11で妻子を亡くしたチャーリーは、悲しみのあまり過去を頭の中から消去しようと、音楽やゲームに没頭していた。妻子のことに誰かが少しでも触れるとチャーリーは暴れたりさらに殻の中に閉じこもるようになる。そんなチャーリーをアランは少しでも力になってあげることができないか試行錯誤する。 エンターテイメントの面から見ると、「今更9.11が題材なの?」とか、「ああ友情モノなのね」、などの感想が第一に漏れ聞こえてきそうだけど、この映画はもう少し深いところを主張している。 友達が深く深く傷ついているとき、みなさんはどのように接しますか? ただ話を最後まで聞いてあげるとか、励ますとか、気分転換するために外に連れ出すとか、人それぞれだと思います。 たぶん、自分がして欲しいだろうことをその友人にもしてあげたいという人がほとんどだと思います。本当に傷ついて病んでしまった心のケアは、精神医療のプロからしても解決方法がさまざまに分かれてしまうと思います。 僕はこの映画を観てそれを考えさせられてしまいました。 友達のためにできることが当人にとってありがた迷惑だったり、さらに傷つけてしまったり、本当に難しい問題。なにが正しくてなにが優しさでなにが思いやりなのかわからなくなりますよね。 たぶん、答えなどなく、ケースバイケースです。たとえば、友人がいる、友人がいない、そのたった一つの環境だけで結果は大きく変わると思うのです。 どれだけ真剣に友人と向き合えるか。できることはたくさんあります。本当に思いやりの気持ちをもって真剣に向き合えば見えてくることがたくさんあります。 この映画に関していえば、親身になってくれる友人がいなくては一生救われることのない人生を送っただろう人がチャーリーでした。 クライマックスでチャーリーが心の中を少し見せてくれるところが泣けます。 ボブ・ディランのようなヘアースタイルでどこかダスティン・ホフマンを彷彿させるアダム・サンドラー、あまりにも魅力的です。 偉そうだといわれそうだけど、ネットの映画紹介はダメです。誤解されるようなストーリー紹介やレビューが並んでいるだけです。ああ、やっぱり偉そうだなw それともうひとつ、この映画の魅力は劇中使用曲ですね。 BRUECE SPRINGSTEENやThe Who、The Pretenders、Graham Nashなど70~80年代の音楽がすごく魅力的に使われているんです。 中でもThe Whoの「Love, Reign O'er Me」(ちなみにこの映画の原題は『REIGN OVER ME』です)のPearl Jamカバーバージョンがすんごくカッコイイんです。破綻したしゃがれ声のPearl Jamの「レイィィインオウゥアミィイイ」が堪りまへん。涎出そうです。 というわけで、YOU TUBEで探してきましたよ。 ■The Whoオリジナル「Love, Reign O'er Me」 http://www.youtube.com/watch?v=UBs8taB0vWU ■Pearl Jamカバーバージョン「Love, Reign O'er Me」 http://www.youtube.com/watch?v=ClvsJIPqYvY 単館系の映画館でしか上映してないのがすごく残念!! 東京では恵比寿ガーデンシネマ、立川のシネマシティ、新宿武蔵野館。大阪では梅田ガーデンシネマ、全国でも13館しか上映してないようです。 僕の中ではレナードの朝と1,2位を競う秀作です。ぜひみなさんにも観て欲しいです。 『再会の街で』 監督 : マイク・バインダー 出演 : アダム・サンドラー 、 ドン・チードル 、 ジェイダ・ピンケット=スミス 、 リヴ・タイラー 、ドナルド・サザーランド
[■Reign Over Me]の続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。