FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いま、読んでる本は 今日極道・・おうっ!すごい誤変換!・・・京極堂シリーズ2作目の「魍魎の匣」(京極夏彦)と「ドグラ・マグラ(上・下)」(夢野久作) すごい組み合わせを並行して読んでると自分でも思うが。
「魍魎の匣」は今クライマックスを迎えております。 ―と、こういうと結末を教えようとするヤツ一人はぜったいおる。― 寝る前に横になって読んでいる。よく悪夢を見ずに済んでることだと我ながら関心w 京極堂シリーズ、まだ2作目だけど、すっかりハマってしまいました。登場人物ランク1位は関口巽、2位榎木津礼二郎、3位中禅寺秋彦・・・etc.まだこれから増えるだろうけど、キャラクター作りがはっきりしてるからおもしろいよね。 と、京極堂のウンチクを聞きながら(読みながら?)、「ドグラ・マグラ」を読んでると、アタマの中が脳髄と心理学と殺人と狂人とでいっぱいになって、ややこしいったらありゃしません。 「ドグラ・マグラ」は下巻の前半。読んでると、京極堂と似てる部分がたくさんある。しかしながら、似て否なるものだということがすぐにわかる。京極夏彦は夢野久作に何を挑んでいるのか。。。 読みかけの本はもう1冊あった。 「号泣する準備はできていた」(江國香織) わしが読む江國香織の著書はこれが初。短篇集です。本年前期直木賞受賞作です。 途中で読むのをやめてしまいました。 理由はぜんっぜん、面白くない。文学的価値が高いとも思えない。なによりも面白くない。(←江國香織ファンにとっては思わしくない言葉です)からです。 これを最初に読んだのがいけなかったのか。 江國香織著作でいいものがあれば教えてください。 ん~、それにしても「京極堂」と「ドグラ・マグラ」は魔の取り合わせだよ。ほんとに。ん~
コメント
この記事へのコメント
CMID
COLOR
京極氏のなんだっけ?えっとお岩さんのお話の本読んでたら、表紙が怖いとか言って息子がどこかに隠した。
以来、本が行方不明・・・(; ̄ー ̄A
しかし、その組み合わせ、なんか頭の中どろんどろんになってない?笑
江国(←変換できない…)氏のは、
「すみれの花の砂糖づけ」という詩集が好きです。
なんか『オンナ』の奥のほうの気持ちが描かれています。
2004/07/29(木) 23:07 | URL | すみれ #79D/WHSg[ 編集]
CMID
COLOR
ドグラ・マグラって、なんか、表紙、すごいじゃないですか。
ぺんぺん、ウン年前から本屋に行くたびに、あの本、中身なんだろうなー。えっちな話かなー。なんて、いつもいつも、いっっっつも思っていたんですが、(そんなに気になるなら読めよ。笑)今回その中身が初めてわかりました。
そうなのかー。えっちな本じゃなかったのかー。
ちょっと読んでみようかな。
2004/07/29(木) 23:10 | URL | ぺんぺん #79D/WHSg[ 編集]
CMID
COLOR
>すみれちゃん
わらういえもん(←変換できないw)だねぇ。
読んでる途中に!!すみれJr.はなんという酷なことをしはるんですか!!!w
あ、江國さんのその詩集、早速読んでみる。リベンジだ!
>ぺんぺんさん
ふふふふふ。それはどうかな。。わしが読んでる範囲にはまだエロは出てませんけど、なにかありそうな予感がするんですよ。
じゃ、読み終えたらエロかどうかだけ教えますね。ぺんぺんさんのBBSに「エロ」か「非エロ」のひとことだけ(爆)。うそです。ちゃんとおしらせしますよ。
2004/07/29(木) 23:22 | URL | またべぇ #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する <<『http』『英語のみのコメント』は禁止ワードです>>
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matabeee.blog35.fc2.com/tb.php/225-02bdf60e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。