FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(公式HP)

キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

ブログでキターを使ったのは2度目か。

ついに京極堂シリーズ第二弾、『魍魎の匣』(モウリョウノハコ)が公開されます!
京極夏彦原作、『姑獲鳥(うぶめ)の夏』に続くシリーズ第二弾!
楽しみにしてたので非常に嬉しいニュース。 

って今更なんですけどね。というのも、今年の1月に製作発表されてたのですな。でも、自分が知ったのは今なので興奮冷めやらぬ!
然も然も!大好きな東京事変がエンディングテーマを手がけると知って尚更大興奮ですわー! 

メインキャストは前作とほぼ同じ。
でも残念なのは前作一番のハマリ役、永瀬正敏さんから椎名桔平に俳優が代わってしまった。それより宮迫を代えて欲しかったよ。 

監督は原田眞人。名前は聞いたことがあるけど、この人の作品は観たことが無いな。・・・などと思いながら映画のHP見てて 


ん!?

  

この顔は見たことがあるぞ。 

みなさんわかりますか? 




ラストサムライの憎まれ役、大臣を演じた人です。ということで、この人の監督作品は観たこと無いけど出演してる映画は観たことがありますよ。と。
ちなみに監督代表作は、最近公開された『伝染歌』や、『金融腐蝕列島・呪縛』『突入せよ!あさま山荘事件』など。

 『魍魎の匣』は前作同様、は難しい作品だと思うけどどんな風に仕上がってるのか楽しみです。前作は劇場で観たけどイマイチだったんだよなー。でも今回も絶対劇場で観ますよ。
ちなみに前作のレビューはコチラ。コメント欄でcamelと「魍魎の匣」なら映画としておもしろいかもなーという会話をしていた。でも監督代わっちゃったからどうなることかねえ。この作品こそ実相寺監督が合いそうなのに。


 公開は12月22日。 


原作が気になる方は↓
魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)
魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)
京極 夏彦

関連商品
文庫版 狂骨の夢 (講談社文庫)
文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)
文庫版 鉄鼠の檻 (講談社文庫)
文庫版 絡新婦の理 (講談社文庫)
文庫版 塗仏の宴―宴の支度 (講談社文庫)
by G-Tools
(表紙の画が怖いけどホラーじゃないです。ミステリ作品です)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する <<『http』『英語のみのコメント』は禁止ワードです>>
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://matabeee.blog35.fc2.com/tb.php/406-0c076d5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。